« 動かざること | トップページ | 朝の光の中で »

2007年8月29日 (水)

ナンゼンジさん

L1240090

ナンゼンジさんは今年の夏、よくやってきた。
いつも時刻は夕方、シェフの自転車のカゴの中、
時どき、道路の段差を通るたびにヒヤヒヤしたものの
フクミミ家冷蔵庫の中で静かに気持ちを7℃に落ち着けた。

今年の夏は日本国内の最高気温も74年ぶりに
更新され猛暑が続いた。
動物園では白くまなど動物たちに氷がプレゼントされ、
人気者の動物が熱中症でなくなったりした。
多くのお年寄りが救急車で運ばれた。

人も体を冷やして暑さから身を守らねばならない。
ナンゼンジさんは冷たい体を持ち、
とてもいい顔をしている。
フクミミ家の夕飯。
ナンゼンジさんは、私たちに今日も栄養と涼を与えた。
今、夏も終わろうとしている。
ナンゼンジさんの足が遠のく日も近い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記) 昨夜は皆既月食なので双眼鏡を手に散歩に出た。
イナカーナは北の方なので、全て見ることができた。
観測する飛行機の明かりが何個か見える。
うすぼんやりとした、ほの赤い月。
こんな月ははじめてである。
月食が終わり太陽の光が左下にあたりはじめると、
月は宇宙に浮かぶ半透明のゴムボールのようだった。
<ツゥラトウストラはかく語りき>が夜空に響き
<2007年宇宙の旅>は終わった。

|

« 動かざること | トップページ | 朝の光の中で »

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動かざること | トップページ | 朝の光の中で »