« センテイの季節 ふろく写真② | トップページ | 月の砂漠 フクミミの場合 »

2007年7月28日 (土)

月の砂漠 シェフの場合

L1200741
月の砂漠をはるばると旅のシェフはいきました。
シェフ・ゴロタンは随分前、中国旅行で敦煌(とんこう)へ行った。
その折、友だちと二人だけ鳴砂山(めいさざん)という砂山に登った。
頂上から下方には月の形をした湖、月下泉が輝き、
周囲は見渡す限り砂漠だった。
鳴砂山からの下山中、ラクダに揺られていると
夕闇の砂漠に昇りたてのが浮かんでいた。
<月の砂漠>を思わず口ずさんでいた。
かつてシルクロードを旅した者たちが見た同じ月を共有した気分だった。
<月の砂漠>を歌ったことは覚えているが、
あまりに前で、月の形がどうだったのか
シェフの記憶はおぼろげである。

追記)砂漠といえば映画<シェリタリング・スカイ>の
テーマがいい。ピアノのメロディが胸を締めつける。
けど、内容は芸術になりすぎて退屈、見てる途中で頭がカクン。

|

« センテイの季節 ふろく写真② | トップページ | 月の砂漠 フクミミの場合 »

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センテイの季節 ふろく写真② | トップページ | 月の砂漠 フクミミの場合 »