« 野 ノ 花 | トップページ | シェフ・ゴロタン 温泉みやげを公開する »

2007年5月24日 (木)

シェフ・ゴロタン 温泉から帰る

家人ゴロタンが一泊二日で温泉から帰ってきた。
温泉は海坂藩中心から一里半ほど離れた山あいにある
<ゆ田川温泉>である。
ゆ田川温泉は今の季節が一年のうちで最もにぎわう。
というのも(たけのこ)が(しゅん)となり、
竹林に囲まれたゆ田川のそれは滋味豊かで大変やわらかく、
イナカーナ中に名を馳せているからである。
この季節、六月はじめまで旬の筍を賞味できる。

ゴロタン一行が宿に入ったとき、
「おいしかった、うまかった」と礼を言い帰る、マイクロバスの一団があり、
聞けば上山(かみのやま)温泉の女将(おかみ)さんたちとのこと。
女将さんたちもこぞって食しに見えられる筍料理だそうだ。
夕飯は筍づくしの皿の数々、最後近くにご飯と孟宗汁が出る。
ゴロタン一行は大満足。
翌日の朝食はお膳に皿数が十四皿もあり(ご飯とみそ汁を除く)
その上品な味付けに感嘆しきりのシェフ・ゴロタンであった。

ちなみに、筍料理に腹づつみならぬ舌鼓を打った宿は
<ずんない旅館>だそうだ。
ふらり温泉街を散策したら、時には足元もご覧いただきたい。

1_23

|

« 野 ノ 花 | トップページ | シェフ・ゴロタン 温泉みやげを公開する »

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/6532765

この記事へのトラックバック一覧です: シェフ・ゴロタン 温泉から帰る:

« 野 ノ 花 | トップページ | シェフ・ゴロタン 温泉みやげを公開する »