« イナカーナに不気味な雲だ | トップページ | チョン田 トホウにくれる »

2007年5月11日 (金)

イナカーナに 風の贈り物

Photo_16

が届いた報告を聞いた。風の強かった翌日のこと。
「朝夕かけて、やっと捜した捜した。ふつうに這ってたんじゃ、見つからないよ。
キョロ、キョロしなくちゃね。背伸びしたり、地面にかおを近づけたり。
360度見なくちゃいけない。そりゃあ、もう、大変なもんさ」
もったいぶって、ナメクージラ族の者が話してくれた。

話してくれたのはいいが、その贈り物がなんだったかまで聞けなかった。
というのも、ナメクジラ族の者はあわてて帰ってしまったからね。
たぶん、私がシオを脳裏に思い浮かべたのを察知したのかもしれない。

ちなみに、私が見つけた風の贈り物は公園に落ちていた
まつぼっくり>である。
イが高校生の時、ロシアから持ち帰ったまつぼっくりは
イナカーナの三倍ほどの大きさで、その巨大さにビックリした。
仮に人がその大きさに比例したら、イナカーナはたちまち
小人の国になってしまうところだ。
胸をなでおろすイナカーナ住人、イと私であった。

|

« イナカーナに不気味な雲だ | トップページ | チョン田 トホウにくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/6381698

この記事へのトラックバック一覧です: イナカーナに 風の贈り物:

« イナカーナに不気味な雲だ | トップページ | チョン田 トホウにくれる »