« さらば お雛さま   (07.4.1) | トップページ | イナカーナに 雹(ひょう)の降る »

2007年4月23日 (月)

イナカーナ州に しず心なく花の散るらむ  

Photo_6

ひさかたの光のどけき春の日に しず心なく花の散るらむ  (紀 友則)

この歌でさすさくらのこと。
イナカーナ州はここのところの寒さと風の中で、早くもさくらが散り始めた。
花の咲く前や咲いた後の散る様にこんなにも風情(ふぜい)を感じるのは
どこからきたものなのか。
ずっとイナカーナに住んでいるせいなのか、すこしばかり古今の歌にふれたおかげか
(と言っても受験勉強でだが)。あるいは見えないDNAが潜んでいたのか。
年取ったからなのか。

散るさくらの花びらを眺めながら小野リサのハワイアンを聴く幸せ、カイマナ ヒラ。
いずれにしても、散るらむを感じられる、それは幸せなこと。

|

« さらば お雛さま   (07.4.1) | トップページ | イナカーナに 雹(ひょう)の降る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イナカーナ州に しず心なく花の散るらむ  :

« さらば お雛さま   (07.4.1) | トップページ | イナカーナに 雹(ひょう)の降る »