« 吾が輩はイナカーナ州の土である!(07.4.20) | トップページ | イナカーナ州に 春のあ-らし だ!(07.4.14) »

2007年4月21日 (土)

イナカーナ人 東ノ都へ行く!(07.4.15)

1jpg

久しぶりに東ノ都へ日帰りで出かけた。
都も結構好きなのでイナカーナ人としては複雑なところもある。
寒い国からやってきたので、都は暑かった。

プライベートのお祝い事があった
東ノ都ステ-ション近くの「旅人ホテル・四季」のなかにあるレストランで食事をした。
個室だったので他国の人や都人(みやこびと)に気兼ねすることもなく会食できた。
出席者の紹介があって、シャンパン乾杯
乾杯直後に一人拍手をしたのはイナカーナ人(watasi)の習慣である。
料理は紐育(ニューヨーク)スタイルということでイナカーナ人にとってはじめてづくし。

にも行って見るものである
シャンパンが冷たくほどよき口あたりおいしかった
シャンパンと言えば何年か前のクリスマスを思い出す。
当時、毎晩仕事で遅かった私はクリスマスイブに飲もうと高価なシャンパンを
ボトルで購入、冷蔵庫に入れ当日を楽しみにしていた。
・・・そして、ついにイブ。少々早めに帰宅した私はケーキを準備し、
好きなエサにありつく子犬のように冷蔵庫のドアにかぶりついたのだった。

ビョウー! (能では犬はこのように鳴く)

と開けたら・・・どこにも姿形がない!シャンパンは消えていた。
犯人は100%推定された。家人のフクミミであった。
フクミミは素直に白状した「夜、離れから本宅に戻って寝酒を飲もうと思ったら、
見たことのない黄金色に輝くビンがあった。
栓を飛ばし、飲めばほんのり甘くスイスイのどに入っていった。
飲めば飲むほどに調子は上がる。ペロリペロリ!」
気がつけば空になっていたと翌日のフクミミの顔に書いてあった。

この事件よりフクミミのフルネームは「ペロリ・フクミミ」となった。
ついでになぜフクミミかを紹介しよう。フクミミは中国が好きで毎年のように同士を
つのりツアーを組む。以前、中国旅行をしたおり、とある場所でしきりに現地の
中国人たちに自分が指さされたそうだ。彼らにたずねたら、耳を指さす。
そのときより、フクミミは自分が「福 耳」であることを自覚した。
・・本人もまんざらではなさそうである。

2_17

これは・・・なに?」出席者シェフ・ゴロタンは自分に問うた。
はじめて「・・・・」を見た。隣りの席ではイナカーナ人が「クスクス!」と騒いでいる。
騒ぐほどのものなのか、ゴロタンにはわからない。
南の方にクスクスと言う小魚がいると聞いたことがある。
が、どう見ても小魚には見えない。みんな、知ってるのだろうか、
知らないのは自分だけなのだろうか?スプーンで慎重にすくい、
そっと口に運ぶ。やはり、小魚ではない。味わったが、
なんと表現したらよいものか・・・。

クスクス と初遭遇してしまったシェフ・ゴロタンであった。
繊細(せんさい)でヘルシー紐育ランチコースは野菜、シーフード、仔羊、
デザート、コーヒーと進行した。
途中、おみやげが紹介された。気をつかっていただき、感謝。
踊り、ピアノ、そろばん、ランドセルと進行兼主賓の子供時代の話題に花が咲く。
女性たちは生ビールに強い。男性は日本酒の杯を交わしていた。

日曜の午後。ゆっくりとしたいい食事会いい時間だった

|

« 吾が輩はイナカーナ州の土である!(07.4.20) | トップページ | イナカーナ州に 春のあ-らし だ!(07.4.14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/6164572

この記事へのトラックバック一覧です: イナカーナ人 東ノ都へ行く!(07.4.15):

« 吾が輩はイナカーナ州の土である!(07.4.20) | トップページ | イナカーナ州に 春のあ-らし だ!(07.4.14) »