2017年4月23日 (日)

一家の災難

20170423_dscf3637

朝、部屋のカーテンを開けると枝の上でスズメ一家が相談中だった。「どうすんだよ」と一羽が騒ぎ、別の一羽は「ちょっと無理だわ」などと答えているようだ。少し後には、一家は見当たらなかったので巣を元に戻すことは断念したようだ。

わたしはゴ-ルデンウィークにやってくるアオ太とウナバラへ落ちてきた巣を見せるために回収へ向かった。



| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

海坂 土堤ノ桜

20170419_dscf2827

海坂に用があり、藩内へ入る前に土堤にハンドルを切った。天気が良ければ雪が残る月ノ山を桜並木の背景に見ることができる。帰りは橋の袂にある🍡やへ寄ろうか・・な。


| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

ウグイスが鳴く

20170419_dscf3194

朝、ウグイスの鳴き声で目ざめた。ベッドから3メートルくらい離れた庭木のあたりで鳴いていた。上手までいかない、まだ初心者の鳴き声だった。朝食を済ませ、ブラインド越しにそーっと姿をうかがうとスズメより小さく、幼い。ここは平野なので、いったいどこの山から下りてきたのだろうか・・。

あと、何日かその鳴き声を愉しめそうである。



| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

障子破り期

20170416_dscf2699

おととしと去年、ウナバラはフクミミの寝室の障子に穴を開けた。おととしは大胆にやぶき、去年はそれは楽しそうに穴を開けた。当時、ウナバラが<障子破り期>と判断したわたしは彼の行為をそのまま見逃した。

あれから1年、果たしてウナバラは<障子破り期>を過ぎたかどうかを見守りたい。



| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

嵐になる

20170419l1670773

海坂の公園では満開の桜に容赦のない雨風が降り注ぎ、嵐になった。桜見物の客を当てにした出店すべてがシートで囲われ、人っ子一人見当たらない。まあ、そんな春もある。



| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

ボーフー

20170414_l1670492

昨夜は深夜から風が吹きはじめ、イナカーナは暴風となった。イナカーナを走る高速道路が通行止めだとラジオが何度も伝えた。・・となると庭の老木となった桜は果たして持ちこたえることができるだろうかと思いながら就寝したのだった。





| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

スイセン祭り

20170413_dscf2596

只今、当家では<スイセン祭り>を開催しております。期間はスイセンの花が「もう、充分だぁー」と言うまでです。みなさまのお越しをお待ちしております。


| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

トルコライス

20170416dscf2685

なかなか行けない長崎、なのでスーパーで見かけたトルコライスを食べてみることにした。
「アーアーアーアーアー、ナガサァキィィーは今日も・・・」とベタな歌をハミングしながら・・。



| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

自伝

20170413dscf2623

新潮文庫から『チャップリン自伝 若き日々』(上巻)が出たので読んで見た。チャップリンは1889年生まれ、1977年、88歳で亡くなっている。自伝が書かれたのが74歳、教育を受けることのなかったチャップリンは独学で読み書きを身につけたと言う。

両親が離婚後、兄とチャップリンは母親のもとで育てられる。酒好きの父親は早くになくなり、母親の裁縫などで兄弟は食うや食わずの生活を送るが、頼りの母親も精神を患い入院する。そんな境遇から兄弟は10代から働く術を身につけはじめる。両親共に芸人という血もあり、チャップリンは芝居で経験を積み、アメリカで映画に関わることになる。

とまあ、ここからチャップリンの夥しい短編映画が作られ、評判を呼び、人気を博してゆくわけだがチャップリンは早々に脚本、編集、監督までやりはじめる。自分を見せるのに人任せにしない。(これはビートたけし、ではないか・・)

チャップリンが自身で書いたというこの自伝。よくこれだけ詳しく当時の出来事や人を覚えていたと驚く。



| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

騒がしい

20170414l1670569

朝、公園の木の中で久しぶりにミミズクを見つけ、上ばかり眺めた。その帰り、足もとが何やら騒がしい。見ると辺り一面のツクシンボたちがケンケンガクガクと騒がしい。聞いてみると「回覧板の順番が・・・」でもめているらしい。

幸い私の区は十数軒、回覧板を配るのに迷うほどの戸数ではない。





| | コメント (0)

«カツサンド工房