2018年1月22日 (月)

蹴って・・

20180122_l1700564

「蹴ってくれー」要望に応えながら坂道を上った。



| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

旧式ロボットのような・・

20180120_dscf2668

昨年の12月、ピーナッ ツ州に住まいするブッチ家に宿泊した際、キッチンでメイ・ヨークが淹れてくれた珈琲があった。実はその珈琲は機械淹れの珈琲だった。

その時、とてもおいしく飲んだのだろう。年末には家に機械が届いていた。イタリアのDというメーカーの<全自動エスプレッソマシーン>である。名まえの通りエスプレッソを出すことに特化したマシーンで抽出が終わると白茶色い泡がカップの液体表面を覆う。

全自動とあるが実際に珈琲を出すまでガタガタゴトゴトと悠長な音を出す。それが前世紀の旧式ロボットのようで面白い。毎朝のように必死の思いで豆を挽いていた人間がそういえばいたな・・。


| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

朝の氷

20180120dscf2713

大寒だと言うのに雪がない。例年なら根雪の季節なのだが雨で溶けってしまった。夜から朝にかけ晴れて外気が冷え、池に氷の朝を迎えた。ガラス工芸のルネ・マリックが羨むような出来の氷が張った。


| | コメント (0)

2018年1月17日 (水)

終日雨になる

201801img_20180103_124239

終日の雨で雪がとけてしまった。雨なので一日中、薄暗い。一方、この国で山を挟んだ向こうの東側は冬期間いい天気になる。散歩にいいなと思う。



| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

ツララはかく語りき

20180114_l1700460

夜、寒くて目覚めることがあり、日中ウツラウツラと・・・。



| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

大股で歩く

20180114l1700481

天気がいいので大股で道路を歩いたら2度も滑り、転びそうになる。思わず両手が上がり、バランスをとった。誰かその瞬間を写真にでも撮ってくれないか?



| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

3200歩

20180112dscf2651

冬は吹雪になろうとも天気の良し悪しに関係なく、フクミミは散歩に出かける。小一時間で歩数は3,200歩。歩数は数えたからわかるそうだ。歩道に雪が残り、道路側を歩くフクミミを大きく避けて車は通る。


| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

ギリシャ人の物語Ⅲ

20180110_dscf2497

古代ギリシャでアテネ、スパルタ、テーベといった都市国家が輝き、覇権を争い、やがてその力を失いつつあった2300年前、ギリシャの中心から外れた北に位置するマケドニアにアレクサンダーが王の子として誕生した。世襲ではなく認められて父に続きマケドニアの王となったアレクサンダーはギリシャを治めるや、20歳にして中近東への東征をスタート、ペルシャとの合戦に次々に勝利していく。若きアレクサンダーのスピードと行動力、合戦が具体的で面白い!33歳を目前にして亡くなるまでのアレクサンダーの軌跡を描く。

なぜ、アレクサンダーは大王とまで言われるのか?塩野はこの『ギリシャ人の物語Ⅲ 新しき力』(2017年12月刊、新潮社)でアレクサンダーという類まれな若き王を描き、ギリシャ人物語シリーズの掉尾を飾るにふさわしい作品とした。『ローマ人の物語』のユリウス・カエサル同様、塩野は才能に溢れ、決断力のあるいい男が好きである。

ヨーロッパ、特にイタリア周辺を旅行するものにとって塩野作品を読んでいるかいないかでその魅力は天と地ほども違う。


» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

クリーム支柱

20180107_l1700300

クリームシチューを作った。玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、肉をカットして少し煮込めば簡単にできる。全然凝ることもなく市販のルーを放りこめば、さあ出来上がり。雪かきも続く。



| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

大雪

20180111_l1700386

大雪と言っても平野なので温泉ヒジオールのように積雪3メートルなんて簡単にはならない。昨夜、積雪を見越して夜中に一度雪かきをしたので朝の労力は半分になった。風のない雪の夜は暖かかった。


| | コメント (0)

«凄い風